本日は脱毛連載記事はお休みで

先日実際に私が体験した事から思う事を書いていきます。

現在エステティシャン、セラピストなど

人の身体に触れるお仕事をしている全ての方に

呼んでいただけたら嬉しいです。

昨日も今日もニュースでやっていたのですが

東京都町田市の巻き爪治療院を経営されている方が逮捕されました。

強制わいせつですね。

わいせつについては後程述べますが

先日ワイセツ事件で私がヒヤッとした事があったのです。

お店の電話に、都市であろう県外ナンバーから着信があり

また営業電話か・・・

と電話に出ると

こちら〇〇警察署の〇〇と申しますSpazioさんの携帯でよろしかったでしょうか。

あれ?

警察に最近お世話になることあったかな?

と思いつつも受け答えをしていると

先日男性のVIO脱毛を受けた方から被害届がでておりまして

え?被害届?

施術中に陰部をし〇かれて射精をしてしまったと

強制わいせつの被害届が出ておりまして

え?

待って待って!し〇くなんてことは一度もしたことないし

そもそも陰部を直接触ることなんてしないし

それに〇〇に住んでいるお客様なんていたかな?

と、一瞬頭がパニック状態に。

恐る恐る

お尋ねしますが、うちのお店が訴えられたと言う事でしょうか?

と聞くと

担当の刑事さんは

いえ、違います!

私共は、脱毛の実際の流れを知らないので

ランダムにネット検索に出てきたSpazioさんにお電話をしました。

もしご迷惑でなければ

施術の流れや実際に陰部に触ったりするのかなど

教えていただけないでしょうか?

とのことでした。

 

ふー

何はともあれ一安心。

 

詳しく聞くと

男性施術者のメンズ脱毛サロンで

VIO施術中にし〇かれて射精してしまったと

強制わいせつの被害届を出したらしい。

男性にも色々な方がいて、

何時間刺激しても射精しない方もいれば

太ももに触れただけで射精してしまうほど敏感な方もいます。

警察の方も、そこはよくご存じで

後者の様な方が出した被害届のせいで

真面目に経営している方を逮捕してしまわないようにと

色々調べていたとのことでした。

 

話が盛り上がり30分も話していたのは置いといて(笑)

 

私自身がもう一度再認識したことは

男性も女性も関係なく、身体の扱い方の振り返りを。

男性から訴えられることはないなんて

ただの驕り高ぶりです。

そして同じ女性だから安心なんてこともないです。

女性の脱毛で多いのが

膣の中ギリギリのところまでの脱毛と

陰核周りのところを気にされている方が多いです。

デリケートゾーンの扱いで相手が不快に感じてしまえば

同性だろうと

訴えられることはあるのかもしれません。

バストトリートメントでも同じことが言えますね。

自分と他人の感じる差は千差万別です。

ちょっとしたことでも相手が不快に感じることはあります。

女性専用の女性エステティシャンの方も

過信は禁物です!

 

さて。

わいせつについて

私自身が思う事です。

私の周りの男性施術者で逮捕された方は意外と多いのです。

小顔の先生だったり

同級生だったり

通っていたお店の方が一番多いです。

私は男性施術者にしてもらうことが個人的に好きです。

接してるとわかるのですが、

この人は近いうちに問題になるだろうなと

その数か月後には逮捕されていました。

なぜわかるのか?

私はこの人と決めたら長く通い続けます。

逮捕されるまでに

段々と施術がエスカレートしていくのですね。

私はものすごくやりやすいお客さんだと思います。

全てを施術者に委ねますから。

最初は普通のマッサージでも

段々とエスカレートしていって

危なくなる時は自分で体制を変えたりしますが

特に何も言いませんし、何も感情を持ちません。

やられ放題(笑)

自分が限界を感じた時

そのお店に通うのをやめると

まもなく逮捕されている感じでした。

 

ここで男性施術者が注意しなければいけないことは

驕り高ぶらない事

つまり

初心を忘れない事です。

常に謙虚で相手に敬意を持っていると

驕り高ぶることはないと思いますが

慣れてくると、こういう男性が多い気がします。

驕り高ぶるとはちょっと違いますが

良かれと思ってと

勝手に自分自身で判断するのも駄目です。

世の中自分のおもいこみ程

怖いものはありません。

その場で物事を言える方より

言えないで悶々としている方の方が多いのです。

それが後で怒りとなり警察へ。

そんなつもりはなかった。

それでも相手が不快に感じてしまう事は

沢山あるのです。

 

もう一つ男性が被害者になることもあります。

冤罪。

私の同級生がそうでした。

彼は高身長でルックスもかなりよく

女性からの誘いが多すぎて困っていると相談されてました。

彼の場合は

断られた腹いせにレイプされたと女性客が訴えたのです。

女性の中で一部かもしれませんが

責任転嫁したり

自分が恥をかいたことが許せなかったり

本当に思い込んでいたり

色々な方がいます。

 

運が悪かったで自分の培ったものを

壊してしまわぬように

男性施術者も

女性施術者も

いつ何時も初心を忘れず

お客様とのコミュニケーションを密にして

予防、対策をしていかなければならないですね。

Spazioのスクールでは

男性セラピスト養成講座もあるので

男性脳と女性脳の違いから

起こりうるリスクを想定したリスクヘッジなど

他のスクールでは絶対にやっていない

現場実践してきたからこそできる濃い内容のカリキュラムです。

これからの時代

生き残れるのは技術や安さや肩書だけでは生き残れません。

私も常に自分自身と向き合い

最高のスクールを提供していきます。

   
ご相談やご質問などもお気軽にどうぞ

お電話☞ 080-1964-4155 (施術中は対応できません)

メール☞ spazio-@docomo.ne.jp

LINE☞@ape5822d 

友だち追加

Instagram☞ tarasamode

〒930-0836 富山県富山市上冨居新町5−22 ルリアン上冨居A棟
TEL:080-1964-4155