今日は赤裸々な胸の内を。

私のお仕事はお客様と出会ってから何時間もしないうちに

裸になっていただき

心も身体も解放していくと言う特殊なお仕事。

初めてのお客様は不安だらけですよね。

だからこそ、コラムで包み隠さず自分の想いをお伝えしていきます。

3月24日でSpazioは9周年を迎えます。

9年の中でお客様とお店との炎上(笑)トラブルは3回ありました。

結論から言うと、3人のお客様はトラブル後ご来店されていません。

3回ともトラブル内容は全く違うのですが、

当事者のお客様にとっては

憎きお店のまま終わっているかもしれません。

ですが

私は同じトラブルを二度と起こさないように

責任をお客様に押し付けず

お客様目線から、自分目線から、第三者目線から

きちんと考え、

自分とお店の成長に繋げています。

不思議ですよね。

問題が起こった時は私も凄く感情的だったのに、

本当に考え、考え、考え、自分の中で答えがようやく出るころには

そのトラブルにも、お客様に対しても感謝しか湧いてこない。

人はトラブルが起こると、自分を守るために

責任転嫁する。

一番楽ですよね。

自分は悪くない相手が悪いんだ、社会が悪いんだ、親が悪いんだetc

自分にぶち当たった問題から目をそらして

他人や環境のせいにして自分を正当化する。

 

実は

私も2017年まではそんな性格でした。

2018年になって、ようやくやっと気づいて(笑)

今まで逃げてきた部分(それを心の闇としましょう)

心の闇と徹底的に向き合って

つらくても逃げずに

自分の心と会話をするようにして

自分の楽しいこと、ワクワク、好きな事

自分を一番に考え、愛してあげることから始めました。

その結果、今は自分の大好きなお客様だけになってきたんですよね。

お店が開店したばかりの頃

私はとにかく、100人ご来店されたら100%のリピート率にこだわっていました。

結果、最終的に自分に自信がないから、価格を安くするしかなかった。

卵が1パック10円だと聞いたら、車を走らせても買いに行くように

お客様が殺到してくださった。

それが結果自分の心をより苦しめる結果になっていったんです。

安くて、うまくて、煩わしい回数券もない

自分が来たいときに好きなだけ受けられる

お客様からは凄く感謝されました。

殆どのお客様が価値を感じてくださっていたのは

その安さだけでした。

今考えると

それもそのはずなんですよね。

自分が自分の価値を安く見積もって

自分がお客様を安く見ていたのですから

それが自分に返ってきたんです。

その中でも

最初から本当に私自身を見てくださった方達と共に

私はお客様に徹底的に心と身体に向き合い

結果を出して

お客様と共に成長してきました。

もちろん安さだけが私の魅力のお客様はご来店されなくなりました。

物理的な経済問題で、回数が減ってもご来店してくださる方も

3千円から3万円になっても変わらずご来店してくださる方も

今私に会いに来てくださるお客様は

まぎれもなく私自身に価値を見出してくださるお客様だけになりました。

サービス業は、一度値段をつけると、上げるのは難しいのです。

その時あるお客様がこうおっしゃってくださいました。

私たちだって、会社にとっての価値が上がるから、昇給があるわけで

小林さんも上げてもいいし、何倍になっても会いに来るから♡

この言葉のおかげで

7年目にして価格改定をしました。

今年は新しい元号元年の年。

私も去年でぐんと成長して新しいお店に生まれ変わりました。

そして、

技術を提供することから価値を提供するお店へ。

まずは、私自身のメニュー内容とスタッフのメニュー内容が全く異なります。

 

私は私自身の価値を理解していただけるお客様を対象に

スタッフはこれから成長をしていくために、

プチエステとして、一緒に成長していただけるお客様を対象に

二本立ての経営体制になります。

どちらを選んでいただいても

最高の時間を感じていただければと思います。

 

男性のお客様の困ったさん

 

Spazioでは沢山の男性のお客様がご来店されます。

そのうちの9割以上は素敵な紳士な方々なのですが

残り1割は首をかしげるような方もいらっしゃいます。

特に躊躇なのが、新人スタッフが入った時に優先してほしい、

新人スタッフが入ったばかりの時しかご来店されないお客様

こういう事を言ってこられる方は黒です(笑)

スタッフにお話を聞くと

鼠径部だけやってほしい、下半身だけやってほしい

ここをこうやってほしい

そういう、リクエストばかり要求される方がほとんど。

あわよくばですよね。

私は体の事を知り尽くしているので、

こういう場合の返しが、鼠径部のどこがお辛いですか?

いつから、どこをどう動かしたらと細かく聞いて、

身体は全部繋がっていますから、原因の場所を探していけるのですが

慣れていないスタッフはてんやわんやになってしまいますよね。

※本当に、鼠径部がつらいと言う方も私に遠慮なくおっしゃっていただいて下さいね。

私の前ではいい人を演じて、他のスタッフには強引に、横柄に、執着して

と言うお客様も何人も見てきました。

男性が、必ず処理してくれる風俗店ではなく

絶対できないお店でのハプニングに期待する

そういう方の気持ちも十分に理解した上で言いますが、

自分の都合のいい欲求のはけ口にしない

お店ばかりが誠意と真心をもった接客をするのではなく

お客様が最高のサービスを受けるために

施術してくれる人がリラックスできる

空間を作ることで自分自身の満足感を高める。

そんな紳士の安らぎと癒しの場でありたいと思います。

 

そして、

今の時代どこの業界でも人手不足、

これからも新しく入ってくれたスタッフを守るために

お店としては、セクハラは断固許しません。

セクハラは、その人が嫌に感じる事ですので、

人によって許容範囲が凄く異なります。

だからこそ

お店側はもちろんの事、お客様側も

相手に対する配慮、誠意というのは

お金を受け取る側も払う側も絶対必要だと私は思いますし

私はお客の立場になるときは、施術者への誠意は絶対忘れません。

 

嫌だと思ったらその場で施術やめていいからねと

スタッフ教育をしています。

そして状況によって、警察に連絡させていただきます。

スタッフを守る事で、お店を守る事とお客様を守る事に

全て繋がります。

ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

 

   
ご相談やご質問などもお気軽にどうぞ

お電話☞ 080-1964-4155 (施術中は対応できません)

メール☞ spazio-@docomo.ne.jp

LINE☞@ape5822d 

友だち追加

Instagram☞ tarasamode

〒930-0836 富山県富山市上冨居新町5−22 ルリアン上冨居A棟
TEL:080-1964-4155